トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

マークシート

ロト6は1~43までの43個の数字のうち6個を当てるくじであるとともに、マークシートの塗る6ヶ所の位置を当てるくじでもあります。数字とにらめっこするより、マークシートとにらめっこする方が早いかも知れません。

当たり前ですが、6ヶ所マークすると、最低でも4段マークされない段が、生じます。例えば 2・13・25・29・36・38と、選べば、1の位が1・4・7・0の段にはマークされません。

21_1      

         

                                                   

                                                 

マークされない段に何か癖・法則がないか・・・

                             

4段マークされないケースより、5段マークされないケースのほうが、はるかに多いのです。

         22                        

                                 

                                    

                                    

                                          

更に、横の段のみならず、縦の列全ての列にマークされているケースより、縦1列マークのないケースの方が多いのです。

                              

  23                                                

                                       

                                       

                                              

                                          

                           

 

消去法で、先に出現しない段を5つ選び、更に縦1列選び、消去してから、マークする位置を決めた方が良いかも知れません。

すると「43個の中から6ヶ所マークする位置を決める」ことから、「15~18個の中から6ヶ所マークする位置を決める」ことに絞り込まれることになります。

因みに、ミニロトは31個の中から5ヶ所選ぶわけですが、マークされない段が6段以上のケースは、5段のケースより少なく、縦の列全ての列にマークされているケースより、縦1列マークのないケースの方がはるかに少ないのです。

消去法作戦は、ミニロトよりロト6のほうが適していると思われます。

エクセルこれだけ関数事典90―ハンディで見やすい! エクセルこれだけ関数事典90―ハンディで見やすい!

著者:日経PC21
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

周期分析

ロト6には、何らかの目に見えない法則や癖があるのかも知れません。その法則や癖のひとつの目安として、○回周期説があります。

5回周期、7回周期、10回周期・・・着目点は人それぞれです。

5回周期説はどうでしょう・・・

①まずエクセルを立ち上げ、                  

11_6                                  

                                    

                                     

という今までの結果の表を作成します。

②H1のセルに「5回周期」と入れます。

③続いてH2のセルにカーソルを合わせ、次に関数アイコンをクリックし、「MOD」という関数を選択します。数値は「A2」のセルをクリックするか、A2と直接入力をします。除数は 5 と入力してください。そして「OK」をクリック。

 12_3                        

                 

            

           

          

       ④H2のセルには、「1」と出ているはずです。

たとえば、17÷5の答えは、3 あまり2 です。このあまり2を算出し、表示してくれる関数がMOD関数です5で割って、あまりが2であるグループ2・7・12・17・22・27・・・・・・この同一のグループのことを剰余系といいます。

⑤H2のセルをクリックし、マウスをセルの右下の角に合わせるとカーソルが白十字から黒十字に変わります。

⑥黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを下に引きます。(この操作をドラッグといいます。)一気にHの列のセルにMOD関数がコピーされ1・2・3・4・0・1・2・3・4・0・1・2・3・4・0・・・・・と繰り返し値が表示されます。

13_3                          

                 

                      ⑦次に、H1のセルをクリックし、カーソルを固定し、データ(D)をクリックフィルタ→オートフィルタをクリック。 14_4                             

                             

  

 A1のセルからH1のセルまで、セルの右側に▼マークのトグルボタンがつきます。 H1セルの▼マークのトグルボタンをクリックし、下に表示されたリスト内の 2 をクリック

 15_3              

                                    

                             

⑧すると2・7・12・17・22・27・・・・回のデータのみ表示されます。5で割って2の剰余系・5回周期の結果が表示されます。

⑨⑦でリスト内の 3 をクリックすれば、3・8・13・18・・・・回のデータが表示されます。

果たして、5回周期に特別な癖・法則は存在するのでしょうか?

キーワード:  MOD関数  オートフィルタ

       

               

       

エクセルこれだけ関数事典90―ハンディで見やすい! Book エクセルこれだけ関数事典90―ハンディで見やすい!

著者:日経PC21
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

ロト6は・・・

ロト6は・・・

ロト6は1口200円で、1~43までの43個の数字のうち6個を当てるくじです。

6個とも全て当てれば1等→当選見込み金額 約1億円

5個とボーナス数字1個当てれば2等→当選見込み金額 約1500万円

5個当てれば3等→当選見込み金額 約50万円

4個当てれば4等→当選見込み金額約 1万円

3個当てれば5等→当選金額(定額)1000円

詳しくは、ロト6申し込みカードの裏面を参考にして下さい。

ロト6とミニロトの当選確率を表にして比較してみると

1000万~1500万円狙いならミニロトの方が

効率的だが後はロト6の方が効率的であることが解かります。Excei1_3

             

         

     。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

えくせるろと6

エクセルの関数や小技をエクセル初心者でも解かる様に解説し、己の信じた攻略法を少しずつ紹介しながらロト6で1等2億円ゲットを達成させたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年5月 »