« 奇数・偶数その3 | トップページ | 今回の予想 »

2006年5月22日 (月)

奇数・偶数その4

予想出目例①3・10・16・19・31・38
予想出目例②4・12・17・22・28・35
この2つの予想を、奇数:偶数という着目点でみると出目例①②ともに3:3当然当選確率は同じなわけですが、A+B・C+D・E+F と、3つのグループ分けを行い、これらの奇数・偶数比を比較してみるとどうでしょうか?
奇数+奇数=偶数   奇数+偶数=奇数   偶数+偶数=偶数

この性質を利用して、奇数・偶数その2で作成した表を利用して列タイトルとして、N1のセルにa+b、O1のセルにc+d、P1のセルにe+fといれ、N2のセルに、MOD関数をあて、数値 H2+I2 、除数 2 を入力します。
6363                                       

                                             

同様にO2のセルにMOD関数で、数値 J2+K2 、除数 2 、P2のセルはMOD関数で、数値 L2+M2 、除数 2とします。N2からP2のセルを選択し、P2セルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを下に一気に引きます。
6364               

           

更に Q2のセルに =N2+O2+P2 と3つの数の合計が出るようにします。

         
        6365

Q2セルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを下に一気に引きます。

偶数+偶数+偶数 なら0    奇数+偶数+偶数 なら1
  
奇数+奇数+偶数 なら2    奇数+奇数+奇数 なら3

となるわけです。そして奇数・偶数その3と同様各出現パーセンテージを算出すると・・・ 
3数とも奇数もしくは偶数(合計数0もしくは3)では約25%、それ以外(合計数1もしくは2)では約75%になります。
予想出目例①②では、②のほうが、出現確率は高いと言えます。

結論 A+B・C+D・E+F と、3つのグループ分けを行った場合、

偶数・偶数・偶数もしくは、奇数・奇数・奇数と3グループとも同じケースの出現頻度は25%

やさしくわかるExcel関数・マクロ やさしくわかるExcel関数・マクロ

著者:西沢 夢路
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 奇数・偶数その3 | トップページ | 今回の予想 »

Excel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89606/1895304

この記事へのトラックバック一覧です: 奇数・偶数その4:

« 奇数・偶数その3 | トップページ | 今回の予想 »