« 今回の予想 | トップページ | 奇数・偶数 »

2006年5月 5日 (金)

今回の結果

全くダメでした。

私の力作

Menu 私が作成した、薬剤管理指導業務(病棟業務)の支援ソフトです。
作成ツールはMicrosoft Access97です。
他に無いオリジナルのソフトです。改良を繰り返し、現在4代目、今尚、マイナーチェンジを繰返しています。
Label 薬剤管理指導業務(病棟業務)の帳票類を作成・印刷したり、翌日の点滴に貼るラベルを作成します。

最近付け加えたのは青矢印の「経静脈栄養 摂取状況」!!!!!List
このボタンをクリックするだけで、点滴ラベルのデータから、翌日の栄養価のある点滴のみリストアップし、 総摂取カロリー・糖質量・タンパク量・ナトリウム量  を集計したモノを印刷する機能です(もっと他にも集計することも可能です)。NSTへの情報提供にしているのですが・・・
自分的には超超超力作だと思うし、後輩薬剤師(NST担当)も絶賛してくれましたが、
当院の管理栄養士はあまり・・・集計するのも上記の4項目だけでいいみたいな様子・・・。
TPN→PPN→経口という事のみ頓着があるっぽい様子。
私の力作の立場は・・・

ろと研プロ(ロト6/ミニロトデータ解析ソフト)

|

« 今回の予想 | トップページ | 奇数・偶数 »

ロト6」カテゴリの記事

コメント

これすごいじゃないですか!私もこんなの欲しいです。
私は4月の栄養管理加算開始にともない、毎日平均21:00という残業にみまわれています。実労働時間12時間ですよ!

栄養管理業務として、栄養管理計画書と入院患者栄養管理記録票というのをさくせいしていますが、これが大変な作業なんです。
管理記録は、私が欲張りなのかもしれませんが、様々なデータを記録しています。
病名、生年月日、主治医、前入院暦の有無、障害の有無、提供食種とそのカロリー・蛋白質・水分量、聞き取り調査による、アレルギーの有無、嚥下・咀嚼状況、家庭環境、食生活状況、嗜好、入院時の身長・体重・BMI、それを基に計算した基礎代謝量と必須エネルギー量、最新検査データ、喫食量により算出した摂取カロリーと蛋白量、そして、カロリーのある点滴。注射も記入し、摂取カロリーの加えて計算します。
かなり大変です。毎日気が遠くなる作業です。
しかも、患者様が入院し続ける限り、2週間ごとに、体格、検査データ、喫食量をチェックし、スクリーニングします。
170床の病院なんですが、これを2名の栄養士でやっています。
これだけしてればいいなら良いのですが、他にも業務がたくさんあり、これをやれる時間が午前中と残業時間しかありません。
しかも、私たちのやっていることが、院内ではあまり認められていないということも、辛い要因です。
でも、他院の栄養士さんも同じように努力されているのだろうし、頑張るしかないと腹をくくって頑張っています。
柊遥さんみたいな薬剤師さんが、うちの病院にもいらっしゃればよかったんですが・・・。
日々大変ですが、患者様のため、日々精一杯頑張りましょうね。
今日は、素敵なところへのご招待ありがとうございました。
また、お話しましょうね。

投稿: にゅうとり | 2006年6月27日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89606/1677826

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の結果:

« 今回の予想 | トップページ | 奇数・偶数 »