« 新しいエクセル | トップページ | 3等当選 »

2006年5月30日 (火)

縦1列なし

以前、マークシートの章で、縦1列マークされない列があるというケースが意外と多いということ記載しましたが、どのくらいの頻度か?これも、COUNTIF関数で算出できます。
今までの結果の表をエクセルで作成します。列タイトルとして、H1のセルに1~10、I1のセルに11~20、J1のセルに21~30、K1のセルに31~40入れ、H2のセルをクリックし、=(数式の編集)をクリック、
R1             COUNTIF関数を選択し、範囲は B2:G2 検索条件は半角英数で <11 (もしくは<=10) と入力 OKを押します。

次にI2のセルもCOUNTIF関数を選択し、範囲は B2:G2 検索条件は半角英数で <21 と入力、次に数式バーの空いているところをクリック、キーをおしH2のセルをクリックします。 数式バーは =COUNTIF(B2:G2,"<21")-H2 と表示されています。 J2のセルも同様に =COUNTIF(B2:G2,"<31")-I2-H2、
K2のセルも =COUNTIF(B2:G2,"<41")-J2-I2-H2とします。
2
次にH2からK2までのセルを選択し、K2のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを下に一気に下に引きます。0が算出表示されている箇所が「マークシートで、縦1列マークされない列」、このままでは、解かりにくいので条件付き書式で、出現箇所、パターンが解かり易くなるようにします。R3
                            
                         

次にL2のセルをクリックし、セルを選択します。COUNTIF関数で、範囲はJ2:K2、選択条件は0とし、OKをクリックします。L2のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを一気に下に引きます。

次にM2のセルをクリックし、セルを選択します。再度COUNTIF関数で、L2から、先程一気に引いた今回までに相当するセルまで選択し、選択条件は、半角英数で >0 と入れます。今までに「縦1列なし」が出現した回数が、算出されます。約60%の出現頻度で、マークシート上、1列マークされない列がある。ということになります。

結論:マークシート上、1列マークされない列がある頻度 60%

やさしくわかるExcel関数・マクロ やさしくわかるExcel関数・マクロ

著者:西沢 夢路
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 新しいエクセル | トップページ | 3等当選 »

Excel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89606/1999164

この記事へのトラックバック一覧です: 縦1列なし:

« 新しいエクセル | トップページ | 3等当選 »