« 独立事象 | トップページ | 今回の結果 »

2006年6月 8日 (木)

MYクイックピックepisode1

幾つかの出目を出し、そのなかからチョイスしてマークシートに書いて購入するように、エクセルでクイックピックマシーンを作ってみます。
A1のセルをクリックし、次に関数アイコンをクリックし関数はRAND関数を選択します。この関数は、範囲や引数を指定する必要はありません。即OKをクリックします。 Qp11_1Qp12_1

 
RAND関数(ランダム関数)は0から1の間の乱数を文字通りランダムに選び、セル内に表示します。F9キーを押すか、使っていないセルを選択している状態でDeleteキーを押すと、逐次乱数が変化していくという性質の関数です。

次にA1のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを一気にA43のセルまで引きます。
Qp13_1







次にB1のセルをクリックしセルを固定します。次に関数アイコンをクリックし関数はRANK関数を選択します。数値は A1 範囲はA1からA43を選択しF4キーを押し絶対参照にします。
 

Qp14_1







Qp15_1 RANK関数(ランク関数)は指定した数値(この場合はA1のセルの数値)は、指定した範囲(この場合はA1のセルからA43のセル)の中で何番目に大きいかを表示する関数です。

次にB1のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスをB6のセルまで引きます。そして空いているセルをクリック。Qp16

F9キーを押すか、使っていないセルを選択している状態でDeleteキーを押す度ごと、B1からB6のセルに、1から43のうち6個の数字がランダムに選択され表示されます。

キーワード:RAND関数  RANK関数

できる大事典 Excel関数 2003/2002/2000対応

|

« 独立事象 | トップページ | 今回の結果 »

Excel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89606/2128762

この記事へのトラックバック一覧です: MYクイックピックepisode1:

« 独立事象 | トップページ | 今回の結果 »