« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

今回の結果

今回297回の結果
6・8・9・20・38・40(ボ2)
2000円(10口)購入に対して、当せんナシ
ブログ開始以来 累積 5000円回収/20000円投資 回収率25%

次回298回はキャリーオーバー。当せん目指し出直します。
May the Force be with you!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

3プロット作戦 グラフ作成

グラフの作成方法は、もちろんエクセルです。3p31
201回~220回のデータを基に作成説明します。

1 グラフウィザード をクリック
2 散布図 を選択し  3 次へ > をクリック
3p32
4 系列 のタブをクリック 追加(A) をクリック

5 名前 に「AD」と入力し、 6 xの値(x) の枠右側のボタンをクリック

7 B2のセルからB21のセルを選択し、8 枠右側のボタンをクリック
3p33
9 同様にyの値(y)もE2のセルからE21のセルを選択し 

10 再び追加(A) をクリック

11 同様に「BE」「CF」同じ作業を繰り返し次へ > をクリック
3p34
12 ウィザード3/4も次へ > をクリック(図では「軸」をクリックしてありますが関係ありません)

13 ウィザード4/4 完了(F) をクリック
3p35
とりあえずグラフが完成されました。

このままでは見難いので次回の章でグラフの見栄えを変更する手順を説明します。

3p36  3p37_1                3p38_2   3p39_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

今回の予想

今回297回の予想です。Y297
果たして・・・・・
持論統計推測 5口
MYクイックピック 5口

ナンバーズ3ミニ 1口×5日継続購入

先週のナンバーズ3ミニの結果は・・・0HITでした。

Yn3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3プロット作戦 その2

この座標・プロットの性質・特性を、前回同様8・13・20・22・31・40を例にして、簡単に記します。

Hanni必ずAD→BE→CFと右上がりに3ヶ所プロットされます。
座標の半分は使用しません。(青線の下側は使用しません。)

ADの位置が決まれば残りのBE・CFのプロットされる範囲が自ずと限定されます。
(例の場合は、BEの範囲は紫色線の範囲に限定されます。)
BEの位置が決まれば残りCFのプロットされる範囲が自ずと限定されます。(例の場合はCFの範囲は赤色線の範囲に限定されます。)

Sakuzyo_3 消去法・削除法も使えます。(例えば25~30は最初の段階で削除するなら緑線内はプロットすることはナシです。)

to6・3等保障法はプロット位置4ヶ所を予想し、うち3ヶ所選択という応用が可能です。(このケースの場合は数の大小・順序を考慮しなければなりませんが・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

3プロット作戦

以前、ロト6はマークシート上の43個のうち、6ヶ所マークする位置を決めるくじだという考え方を紹介しました。6ヶ所ではなく、3ヶ所位置を決めるだけでよい方法を紹介します。

当せん数字の1番小さい数字をA、2番目の数字をB・・・、6番目の数字をFとします。
x軸にA・B・C、y軸にD・E・Fという座標を作成します。
AとD、BとE、CとFの各々のペアを座標上にプロットすると、
必ずAD→BE→CFと右上がりに3ヶ所プロットされます。

Rei例えば、8・13・20・22・31・40ならば、図のようになります。

今までのデータで、座標上でプロットされる3ヶ所の位置の癖、流れ等をいろいろ検討し、そして、今回プロットされる3ヶ所の位置を予想し、マークシートに書き直して、購入するのがこの3プロット作戦です。
180199 180回から199回のデータです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

今回の結果

今回(296回)の結果
4・19・27・30・31・37(ボ10)
2000円(10口)購入に対して5等(1000円)当せん1口
ブログ開始以来 累積 5000円回収/18000円投資  回収率 28%
A296

今回も「MYクイックピック」による購入からの当せんでした。
自論の統計推測からはNothing!!!これは悔しいものの、4週連続5等当せん!!!
次週も当せん券をアップ出来るよう様 May the Force be with you!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

クイックピックepisode6

次にツール→マクロ→新しいマクロの記録を選択します。
Qp66
マクロの記録というダイヤログが現れますが、なにもせずOKを押します。F9キーを押し、

Qp67記録終了をクリックします。

基本図形の額縁を再度右クリック、マクロの登録をクリックします。
Qp68
マクロのダイアログボックスが現れますので、
Qp69 なにもせずOKを押します。
マクロは録画と再生だと思って下さい。今回は「F9キーを押す」ということを録画し、ボタンを押すたびごと「F9キーを押す」ということを再生するようにしました。

(今後このファイルを開く都度、マクロを有効にするか訊ねられます。
Qp71 「マクロを有効にする」としないと、使えません。これが煩わしいときは、ツール→マクロ→セキュリティで低レベルにすれば、
Qp72
通常に開きます。他の人とエクセルファイルの交換をしない限り低レベルで構わないと思います。)
これでボタンをクリックする度ごと、クイックピックの結果が出るようになりました。

以上MYクイックピックの作成方法でした。


フォースの共にあらんことを(May the Force be with you)!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

今回の予想

今回296回の予想です。
果たして・・・・・
Y296

自論統計推測 4口
MYクイックピック 6口

おまけ ナンバーズ3ミニ 1口×5日継続購入

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

MYクイックピックepisode5

episode5・episode6で一つのアプリケーションチックに仕上げてみます。
episode4で仕上げたファイルを開きます。
Qp51_1ツール→オプションを選択します。





Qp52   
枠線と行列番号のチェックボックスを外して、OKを押します。画面から行列番号が消え、無地のシートになりました。


Qp53 次に書式→シート→背景を選択します。好きな画像を選んで、挿入をクリック。



Qp55

Qp56

見にくくなってしまったセルはそのセルを選択し、書式→セル→パターンのタブを選択し、白い色を選んでOKを押します。


Qp61 図のようにボタンを入れて、このボタンをクリックする度ごと、クイックピックの結果が出るようにしてみます。



Qp62Qp63        

挿入→図→オートシェイプを選択し、そのオートシェイプでは基本図形を選択します。そして基本図形内から額縁を選択し、シート上でクリックします。

Qp64  Qp65      

シート上に出た額縁の図形を適当な大きさします。そして、右クリックし、書式設定で 色、線の色・太さを調節し、OKを押します。(再度右クリックし「テキストの編集」で好きな言葉を入れることも出来ます)。


episode6へ続く

日経 WinPC (ウィンピーシー) 2006年 07月号 [雑誌]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

今回の結果

今回(295回)の結果
9・12・18・20・37・43(ボ5)
2000円(10口)購入に対して5等(1000円)当せん1口
ブログ開始以来 累積 4000円回収/16000円投資  回収率 25%
A295

前回と同様MYクイックピックで予想した3口よりの当せんでした。
自論の統計推測で予想した7口では当せんナシ。
自論でも当てたいのですが、やはり当せんはうれしいモノ。
「天の声(=MYクイックピック)」も聞き入れて次週も臨みたいと思います。

ろと研プロ(ロト6/ミニロトデータ解析ソフト)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ボーナス数字

ボーナス数字は、2等のときのみ使われる数字です。
本数字5つ+ボーナス数字が一致したとき意味があるわけでそれ以外のケースでは意味を持たない数字です。
ところで、
本数字が5つ一致した3等を当せんしたとき、
「あと1つ本数字が当たっていたらなぁ・・・」と思うものなのでしょうか?それとも、「あとボーナス数字が当たっていたらなぁ・・・」と思うものなのでしょうか? 当然、前者だと思います。
以前、本数字4つ+ボーナス数字というケースで4等当せんしたことがあります。
「あと1つ本数字が当たっていたらなぁ・・・」と、思いました。
(厳密にいうと、もう1つの本数字を別口で選択していました。)
      253a

253

       




「あと1つ本数字が当たっていたらなぁ・・・」という点では、2等も3等も4等+ボーナス数字も同じなのでは?
ちなみに・・・
2等で「あと1つ本数字が当たると」当せん金額は約10~20倍
3等で「あと1つ本数字が当たると」当せん金額金額は約300倍
4等+ボーナス数字で「あと1つ本数字が当たると」当せん金額金額は約1500倍に跳ね上がります。

ということは、ボーナス数字は2等の当せんのための数字と言うよりは、4等当せんに絡んだとき、「イイ線来てるぞ!次こそは当てるぞー!」と奮起させる数字かもしれません。

目で考えるロト6 LOTO Japan 270―当選数字の見極め方

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

MYクイックピックepisode4

(クイックピックepisode3の続き)次に②のために、C12からH12のセルを選択し、セルを結合して「奇数・偶数」と入れます。続いてC13のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、MOD関数を選択します。数値には C2 と入力、 除数には半角英数で 2 と入力 OKを押します。C12のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスをH12まで引きます。

次にD15のセルを選択し「奇数」と入力、E15のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は C13:H13 を選択し、検索条件は 半角英数で 1 と入力 OKを押します。Qp38

次に、F15のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、IF関数を選択します。論理式には E15=2 と入力、 真の場合には 1 、偽の場合には0 と入力 OKを押します。

次にD18のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、F9のセルをクリック、*キーを押し、F15のセルをクリックします。

最後にD19のセルを選択し関数アイコン(または数式の編集)をクリック、IF関数を選択します。論理式には D18=1 と入力、 真の場合には ○ 、偽の場合には× と入力 OKを押します。
Qp39_1

このままでは少し煩わしいので、7行、9行~18行を隠します。

F9キーを押すか、使っていないセルを選択している状態でDeleteキーを押すと、逐次作成した表にクイックピック同様、1から43のうちランダムに選択された6個の数字が小さい順に表示され、 ①前回からの引っ張り数が1個絡む   ②奇数:偶数を2:4にする   ①②両者成り立たせれば「○」、そうでなければ「×」という結果が、D19のセルに表示されるようになりました。

Qp999 因みに私のMYクイックピックはこんな感じです。

F9キーではなく、コマンドボタンをクリックすると6個の数字と結果が出ます。

条件因子は7つあり5つ条件を満たすと◎が表示されるようになっています。
スター・ウォーズ コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

今回の予想

今回295回の予想です。
果たして・・・・・

持論統計推測7口
Y295z



マイQP3口
Y295q





ロト6 究極の作戦 Ver.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MYクイックピックepisode3

episode2でとりあえず「あたるクン」と同じものが作成できました。ただこれでは、自分的に購入したい出目か否かを毎回検証しなければなりません。 そこで、例えば、  ①前回からの引っ張り数が1個絡む   ②奇数:偶数を2:4にする   というような方針でいるのならば、①②両者の条件を成り立たせれば「○」、そうでなければ「×」を表示させるように手を加えてみます。このepisode3で条件①について、episode4で条件②について触れたいとおもいます。
まず、episode2で作成したファイルを開き、①のために前回の出目数の表を作成します。C5からH5のセルを選択し、セルを結合して「前回の結果」と入れます。C6からH6のセルに前回の出目の数を入力します。Qp33
Qp34 C7のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は C2:H2 を選択し、F4キーを押し、絶対参照にし、検索条件は C6 と入力 OKを押します。C7のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスをH7まで引きます。

次にD9のセルを選択し「引っ張り数」と入力、E9のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は C7:H7 を選択し、検索条件は 半角英数で 1 と入力 OKを押します。
Qp36






次に、F9のセルを選択し、関数アイコン(または数式の編集)をクリック、IF関数を選択します。論理式には E9=1 と入力、 真の場合には 1 、偽の場合には0 と入力 OKを押します。
Qp39

IF関数は、理論式どおりならば「真」で、それを意味する記号や数値(この場合は1)を表し、理論どおりでなければ「偽」で、それを意味する記号や数値(この場合は0)を表します。

特打式 パソコン入門/Excel関数編 (説明扉付きスリムパッケージ版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

もう1つの結果

今週はロト6とは別にナンバーズ3ミニを購入しておりました。
予想 *64の1点買い1838回~1842回まで5回継続購入
結果 173 850 795 858 640
回収率 0%

ロト6の話に切り替えます。
今回294回は20以下の若い数字だけで固められました。それでも1等当せん3口。
そして、284回のことですが、このときは逆に20以上の数字で固められた結果(20・26・30・33・35・38 ボ4)だったのですが、1等当せん6口。
1等当選者って、こんな偏りのある波さえも読んでいるのか?
284回、294回ともに3HITで5等をゲットしているので、自分の予想論に、わずかですが自信がつきました。精度が上がるよう頑張りたいと思います。
A284






目で考えるロト6 LOTO Japan 270―当選数字の見極め方

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MYクイックピックepisode2

このままでは順序がバラバラなので、小さい数から順になるよう並び替えましょう。    小さい順からの並び替えなら、「“並べ替えボタン”をクリックすればいいじゃないか」と思われますが、“並べ替ええボタン”をクリックするとRAND関数の入っているA列の数値がF9キーを押したときと同様リセットされてしまうので“並べ替えボタン”は使えません。Qp21

episode1で作成したファイルを開きます。これから作成する表の列タイトルとして、C1のセルに、D1のセルに・・・H1のセルにと入力しておきます。次にC2のセルをクリック、関数アイコンをクリックし関数はSMALL関数を選択します。範囲はB1:B6、順位は1と入力します。
Qp22 SMALL関数(スモール関数)は、指定した範囲(この場合はB1のセルからB6のセル)の中で、順位(この場合は1)番目に小さいものを表示する関数です。

同様にD2のセルもSMALL関数で、範囲はB1:B6、順位は2と入力、・・・以下H2のセルまでSMALL関数で、範囲はB1:B6、順位は6と地道な入力を繰り返します。
Qp23

C1からH2までのセルを選択し、罫線ボタン横のリスト内から格子をクリックし、小さい順に並んだ表を完成させます。

このままでは、A・B列が煩わしいので、列を隠します。Qp24


F9キーを押すか、使っていないセルを選択している状態でDeleteキーを押すと、逐次作成した表にクイックピック同様、1から43のうちランダムに選択された6個の数字が小さい順に表示されます。

(全く逆の性質を持つLARGE関数という関数もあります。これでも同じものが出来ます。)

キーワード:SMALL関数

エクセルこれだけ関数事典90―ハンディで見やすい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

今回の結果

今回294回の結果
2・5・13・14・17・20(ボ21)
2200円購入に対して5等当選1口
累積
3000円回収/14000円投資
回収率約21%
A294



ロト6 究極の作戦 Ver.3

| | コメント (9) | トラックバック (0)

MYクイックピックepisode1

幾つかの出目を出し、そのなかからチョイスしてマークシートに書いて購入するように、エクセルでクイックピックマシーンを作ってみます。
A1のセルをクリックし、次に関数アイコンをクリックし関数はRAND関数を選択します。この関数は、範囲や引数を指定する必要はありません。即OKをクリックします。 Qp11_1Qp12_1

 
RAND関数(ランダム関数)は0から1の間の乱数を文字通りランダムに選び、セル内に表示します。F9キーを押すか、使っていないセルを選択している状態でDeleteキーを押すと、逐次乱数が変化していくという性質の関数です。

次にA1のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを一気にA43のセルまで引きます。
Qp13_1







次にB1のセルをクリックしセルを固定します。次に関数アイコンをクリックし関数はRANK関数を選択します。数値は A1 範囲はA1からA43を選択しF4キーを押し絶対参照にします。
 

Qp14_1







Qp15_1 RANK関数(ランク関数)は指定した数値(この場合はA1のセルの数値)は、指定した範囲(この場合はA1のセルからA43のセル)の中で何番目に大きいかを表示する関数です。

次にB1のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスをB6のセルまで引きます。そして空いているセルをクリック。Qp16

F9キーを押すか、使っていないセルを選択している状態でDeleteキーを押す度ごと、B1からB6のセルに、1から43のうち6個の数字がランダムに選択され表示されます。

キーワード:RAND関数  RANK関数

できる大事典 Excel関数 2003/2002/2000対応

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

独立事象

サイコロ1個を1回振って3の目が出る確率は1/6です。
当たり前のことですが、次にサイコロを振って3の目が出る確率は 1/6です。
この様に1回ずつリセットされ、変わらない確率で起きる事象を数学的には独立事象といいます。ロト6の出目も独立事象です。
例えば、3・12・25・26・31・38という出目が出たといって二度とこの組み合わせの出目が出ないということはありません。
この次の回に全く同じ3・12・25・26・31・38という出目が出る確率は1/6096454です。
1・2・3・4・5・6という偏った出目が出る確率も1/6096454です。

ならば、クイックピックも、一つの立派な攻略法ともいえます。
しかし、宝くじ売り場でクイックピックを購入したとき、その出目は自分的に気に入った出目だったでしょうか・・・?
クイックピックで出た幾つかの出目のなかからチョイスできないか・・・?
エクセルでクイックピックマシーンを作り、幾つかの出目を出し、そのなかからチョイスしてマークシートに書いて購入すれば良いじゃないか!
次回からのお題は、
エクセルで作るMYクイックピックです。


「qpsannshou.xls」をダウンロード


ミニロト&ロト6 ナンバーズ3&4 デラックスドリーム 完全版

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

横の段は5段消去

マークシートに6ヶ所マークすると、最低でも4段マークされない段が生じます。
たとえば、2・13・25・29・36・38と選べば、1の位が1・4・7・0の段にはマークはないという意味です。実際のところ、4段マークされないケースより、5段マークされないケースのほうが、はるかに多いのです。これをチェックするには、以前も紹介したMOD関数とCOUNTIF関数を使うとわかります。

今までの結果の表をエクセルで作成します。列タイトルとして、H1のセルにa、I1のセルにb、J1のセルにc、・・・M1のセルにfと入れ、H2のセルをクリックし、=(数式の編集)をクリック、MOD関数を選択し、数値は B2 除数は 10 と入力し、 OKを押します。次にH2のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを右にM2のセルまで引きます。
次に列タイトルとして、N1のセルに1、O1のセルに2、P1のセルに3、・・・W1のセルに0と入れ、N2のセルをクリックし、=(数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は H2:M2検索条件は半角英数で 1 と入力 OKを押します。
同様にO2のセルをクリックし、=(数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は H2:M2検索条件は半角英数で 2 と入力 、・・・以下同じくW2のセルが範囲 H2:M2検索条件は半角英数で 0 となるまで入力します。(少し地道な作業となります。)

次にX1のセルに列タイトルとして ノーマークの段数 と入れ、X2のセルをクリックし、=(数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は N2:W2 検索条件は半角英数で 0と入力 OKを押します。
次にH2からX2までのセルを選択し、X2のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを下に一気に下に引きます。X列にマークされなかった段数が算出表示されています。

空いているセルを選択し、=(数式の編集)をクリック、AVERAGE関数を選択し、範囲は、X2:X(今回まで)、 OKをクリックます。5.1という結果が得られました。
また別に空いているセルを選択し、=(数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は、X2:X(今回まで)、検索条件は半角英数で >4と入力 OKを押します。マークされなかった段数が5以上の回数が算出表示されています。
マークシートに5段以上マークされないケースの頻度は80%以上という結果が得られます。消去法で、先に4段消去するより、5段消去するほうが効率的と言えるでしょう。

結論:マークシートに5段以上マークされないケースの頻度は80%以上(平均 5.1段)

特打式パソコン入門 Excel全巻パック (説明扉付きスリムパッケージ版)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

今回の予想

今回(294回)の予想です。
果たして・・・
Y294

おまけ・・・ナンバーズ3ミニで1点買い1週間分



ロトディバイド―ロト6・3分割選定法

| | コメント (6) | トラックバック (0)

縦半列なし(その2)

半列単位1~5、6~10、11~15、・・・、35~40でマークされない半列単位での状況を調べてみると、約95%頻度で、3つ以上マークされない半列がある、ということがわかりました。 更に、3つまたは4つのケースが全体の80%であることがわかります。 縦1列マークがないケース(約60%)は、マークがない半列が、2つ並んだものと、考えてよいでしょう。
マークシート上で、1~5、6~10、11~15、・・・、35~40と半列単位にブロック分けすれば、当然8つブロックが存在するわけで、マークする箇所が6ヶ所なのだから・・・ この6ヶ所が均等にバラつけば、マークされるブロックが6つ、マークされないブロックが2つというケースが多いと思ったら、そうではなく、マークされない半列が、3つまたは4つのケースが殆どです。
ということは、マークされるブロックのうち、1つか2つのブロックはブロック内に2ヶ所マークがあるわけです。
Han消去法でマークされない半列のブロックを3~4つ消去し、残り4~5つの半列のブロックに絞込み、2ヶ所マークされる半列のブロックを1~2つ選択し、残りの2~4つのブロック(41~43を含めれば5つのブロック)に各1ヶ所づつマークする。
・・・・・こんな作戦はいかがでしょうか?

目で考えるロト6 LOTO Japan 270―当選数字の見極め方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

縦半列なし(その1)

以前、マークシートの章で、縦1列マークされない列があるというケースが意外と多く、更にマークされない半列も多いということを述べました。今回は、半列単位1~5、6~10、11~15、・・・、35~40でマークされない半列単位での状況を調べてみたいと思います。
列タイトルとして、H1のセルに1~5、I1のセルに6~10、・・・、O1のセルに36~40入れ、H2のセルをクリックし、=(数式の編集)をクリック、COUNTIF関数を選択し、範囲は B2:G2 検索条件は半角英数で <6 (もしくは<=5) と入力 OKを押します。今回このとき、範囲の B2:G2 を選択したとき、マウスをスライドさせ白黒反転させ、Ctrlキーを押しながら、キーも押します。
次にI2のセルを選択し、COUNTIF関数を選択し、範囲は B2:G2 検索条件は半角英数で <11と入力、数式バーをクリック、-キーを押し、また COUNTIF関数を選択し、範囲は B2:G2 検索条件は半角英数で <6と入力します。このとき範囲を選択する時、Ctrlキーを押しながら、キーも押すと、コピーされていたB2:G2が、貼り付けされます。
以下同様にO2のセルに =COUNTIF(B2:G2,"<41")-COUNTIF(B2:G2,"<36")となるまで操作を繰り返します。以下「縦1列なし」の章同様、H2から02までのセルを選択し、02のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを下に一気に下に引きます。
0が算出表示されている箇所が「縦1列なし」、このままでは、解かりにくいので条件付き書式で、出現箇所、パターンが解かり易くなるようにします。
次にP2のセルをクリックし、セルを選択します。COUNTIF関数で、範囲はH2:02、選択条件は0とし、OKをクリックします。P2のセルの右下の角にマウスを合わせ、黒十字に変わったところで、クリックしたまま、マウスを一気に下に引きます。殆どが、3か4です。平均をとってみましょう。空いているセルを選択し、=(数式の編集)をクリック、AVERAGE関数を選択し、範囲は、P2:P(今回まで)、 OKをクリックます。3.6という結果が得られました。つまり、1~5、6~10、11~15、・・・と半列単位にした時、3~4つマークされない半列があるということになります。更にCOUNTIF関数で3つ以上の頻度を調べてみると、約95%であることがわかります

キーワード:Ctrlキー + キー、Ctrlキー + キー
      
AVERAGE関数
結論:1~5、6~10、11~15、・・・と半列単位にした時、3つ以上マークされない半列の頻度は95%で、平均は3.6

特打式パソコン入門 Excel全巻パック (説明扉付きスリムパッケージ版) 特打式パソコン入門 Excel全巻パック (説明扉付きスリムパッケージ版)

販売元:ソースネクスト
発売日:2006/01/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

今回の結果

今回293回の結果
6・8・15・17・36・43(ボ38)
1800円購入に対して5等当選1口
累積
2000円回収/11800円投資
回収率約17%
293_1





MINI LOTO & LOTO6 MaxDream 紫微斗数 Software MINI LOTO & LOTO6 MaxDream 紫微斗数

販売元:ドラス
発売日:2005/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »