« 2011年4月 | トップページ

2011年8月21日 (日)

エキビシジョン エントリー

実際に起こり得る確率」といったテーマです。

ロトの43個の数字から、仮に10個の数字を削除することに絶対的な自信があるとします。つまり、残りの33個の候補数字中に本数字が6個とも存在している訳であります。更に候補数字を33個から18個に絞った場合、確率的には
   6×(18/33)=3.27
で、近似値として3個拾うことになります。しかし実際には本数字4個拾うこともあれば、1個しか拾わないこともあり・・・そして6個とも拾う可能性もゼロではない訳です。勿論、毎回6個とも拾う事を願っている訳ですが、その6個を拾う確率は・・・
  13.17%
です。この計算は、“期待値は「18個中に3.27個」”に対して“実測値は「18個中に6個」”という出来事のカイ二乗検定という統計確率の値です。

と、いう訳で、そのexcelシートを作成しました。
Photo_2
F3のセルの“10”、F5のセルの“18”、F9のセルの“6”は自ら入力すると、
F7のセルに“3.27”、F11のセルに“13.17”の値が表示される設定です。
「seikoukakuritsu.xlsx」をダウンロード

| | コメント (1)

« 2011年4月 | トップページ